ハイスツール

h4

 

 

大阪のYさんから、ご自宅の高さ90cmのカウンターでお使いになるハイスツールを依頼され、製作しました。

 

おしえていただいたお二人の身長から計算して、59cmと62cmの高さをおすすめしました。

 

お届けすると、見た目より軽く、高さもちょうどよいとメールをいただき、ほっとしたところです。

 

 

 

スツールは数センチの高さの違いや下部のぬきの位置で、印象ががらりと変わるという予想外の体験しました。

 

 

 

h2

 

h3

 

 

「ハイスツール 418」

42w x 38d x 63/60h cm (座面:31w x 22d x 62/59h cm)

ブラックウォールナット、ナラ

オイルフィニッシュ

 

 

at 11:39, 斉藤 衛, recent work

comments(0), trackbacks(0), -

季節の移ろい。

h1

 

小さな庭が植物達の芽吹きでにぎやかになってきました。ざわついたこころを静めてくれます。

 

 

 

 

h2

 

 

 

at 08:47, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

春の一日

墓参

 

 

 

妻の命日に合わせて帰省した娘と孫たち、息子と墓参しました。

 

うららかな早春の一日。

 

 

 

at 10:01, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

天然素材

w1

 

 

38年もこの仕事をしているのに、いまだに天然素材を扱う難しさを味わうことがときどきあります。

 

木地の時はわからなかった色合いや木目の模様など、素材の個性がオイル仕上げの中で強く現れたり。

 

 

自分の未だ能力の低さもあるのでしょうが、一生修行だなと想います。

 

でもつづけます。

 

 

 

at 08:29, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

ロースツール212

ls212

 

 

ロースツール212の在庫が切れたので補充製作しました。   

 

 

このロースツールは、もう19年も製作しているロースツール1199の少し座高の高いものを依頼されたことから、それではと全体を

 

頑強にしたものをデザインして6年前に生まれました。

 

 

特徴はなにより座面の高さが一般のダインイングチェアーと同じくらいなので、急な人数のお客様の時、チェアーの補助として活躍し

 

ます。そして使わない時はテーブルの下に入りテーブルまわりのアクセスを妨げません。

 

 

群馬の内科医院では待合室のソファーが待っている患者さんでいっぱいになると3台のこのロースツールが活躍します。沖縄のクライ

 

アントには座りやすいとメールをいただきました。

 

 

厚材から削りだす座板は経年変化が楽しみです。永くお役に立ってほしいと思っています。

 

 

2

 

 

 

at 14:55, 斉藤 衛, recent work

comments(0), trackbacks(0), -

起動装置

k1

 

 

自宅に仕事場をもって一人で仕事をしている場合、会社勤めの方とは少し違う、仕事モードへの切り替えのしんどさがあるときがあり

 

ます。

 

私もいろいろ工夫してきました。ウォーキングやストレッチはいつも有効です。

 

言葉にも助けられます。下記は最近本からもらった言葉の起動装置:

 

「始めたら半分おしまい。」

 

 

 

at 08:48, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

ベッドサイドキャビネット

bsc1

 

 

Mさんにベッドサイドキャビネットをお届けしました。

 

このキャビネットは3年前に作らせていただいたベッドサイドテーブル(下記画像):

 

bsc6

 

と対になって高めのベッドの側に置かれます。ですので高さ、巾が同じに設計されています。

 

 

 

 

bsc2

 

引出しの巾は34cm、深さは5cmです。内部には2枚の可動だなが3cm間隔で上下できます。

 

 

 

bsc3

 

bsc4

 

bsc5

 

このキャビネットがMさんの生活にとけ込んでくれると嬉しいです。

 

 

「ベッドサイドキャビネット 318」

500w x 350d x 900h mm

ナラ、メープル、ブラックウォールナット(つまみ)

オイルフィニッシュ

 

 

at 08:56, 斉藤 衛, recent work

comments(0), trackbacks(0), -

桃の節句

d1

 

 

忘れていてあわてて、一年に一度くらいは人形達を空気にあてなくては、と飾りました。

 

一人暮らしが和らぎます。

 

 

 

at 14:46, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

剪定

k2

 

 

 

寒さが厳しかったので遅れていた庭のケヤキの剪定を、毎日夕方、十日かけてやりました。

 

プロに依頼しようかとも思ったのですが、節約したく、自分で少しづつやってみることにしたのです。

 

直径47cmのケヤキは枝も太く高く、最初は高所作業にドキドキでしたが、次第に慣れ、もらったノコギリが使いやすく切れ味も素晴

 

らしかったことにも助けられ、終わってみると予期しなかったことですが関節や普段使われない筋肉が少し鍛えられていました。

 

来年の冬の薪ストーブの燃料も充分確保できてうれしいです。

 

 

ケヤキに触れて感謝しました。

 

 

 

at 17:03, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

下ごしらえ

r1

 

 

家具作りは下ごしらえの大切さが、料理に似ていると思いました。

 

コツコツ、ていねいに。クライアントに喜んでいただけるのを楽しみに。

 

 

 

 

at 18:15, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -