きょうちくとうの花

k2

 

早朝、庭に出てみると咲いていて、おはよう〜と言ってくれているようでした。

 

 

 

at 06:04, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

換気扇の工事

fan3

 

fan2

 

 

工房の二階が住居なのですが、四畳半の部屋の換気扇の、音ばかり大きくて排気の少ない直径15cmの古い換気扇を、25cmのものに変える交換の工事をしました。

 

近年の酷暑の夏の夜に、室内上部の蒸し暑い空気を強制排気して網戸の窓から涼しい外気をとりこみ、少しでもなんとか快適にと思っていたのです。クーラーはお金がかかり、体がだるくなるので好きではありません。

 

 

ただ、換気扇の取り付け場所が高所で、換気扇の木枠と外側のステンレスのフードを建物の外から取り付けるのに、長い梯子は危険だし、単管パイプで足場を組み立てるのは大仰だし、、と長い間、取り掛かることをためらっていたのです。

 

ところが先日、昼寝の時にアイデアが降りてきました。

 

中からロープを外に垂らしフードを取り付けた木枠を引き上げる、というものでした。

 

すぐに新しい換気扇の木枠をはめ込む壁の開口を広げました。

 

取り付け作業中しっかり木枠を内部に引き込むため、木枠内側に二つの仮止めした取手もつけることも思いついて、テストするとうまくいきました。

 

本番では木枠の襟と建物の間にシリコンのコーキングをたっぷりつけて無事工事が終わりました。

 

 

fan1

 

fan4

 

早速テストすると、四畳半の部屋の空気が素早く入れ替わったようです。

 

私の本業の家具では乏しいアイデアが、雑事では時々生まれるのは不思議です。

 

 

この換気扇の恩恵を受ける今年の夏は、コロナで社会全体がどんな風になっていることか、予測もつきません。

 

 

 

at 10:07, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

書見台

bs1

 

定番の「書見台」の在庫がなくなり、複数台製作しました。

 

 

bs2

 

素材の樺桜はオイルを塗り重ねると、とても美しくなります。

 

 

bs3

 

ページ押さえは、使わない時に収納できます。

 

 

bs4

 

台の傾きはごく単純な方法です。

 

 

bs5

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「書見台」

42w x 20~25d x 21~28h cm(本の支持面 42w x 28h cm)

樺、オイル仕上げ

¥24,000 (送料)¥2,000

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

bs6

 

小さな庭に白山吹が咲きました。

 

落ち着かない世の中のいまの状況の中で植物の力がありがたいと思います。

 

 

 

at 11:26, 斉藤 衛, recent work

-, -, -

ひんやりとした春

sp1

 

小さな庭に春が訪れています。

 

 

 

sp2

 

小手毬の花。

 

 

 

sp3

 

いただいた切り枝を来年のストーブの薪に切り分け、工房の外の棚に干します。

 

 

 

sp4

 

樺桜の書見台を製作。

 

 

 

日々流入してくる膨大な情報に、いま、何が起こっているのだろう、と戸惑います。

 

感染リスクの中、恐れとむきあいながら働く医療関係者の方々に感謝します。

 

 

at 09:58, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

辞書立て

be1

 

以前、製作した中型の辞書のためのブックエンドを少し寸法を変えて復活しました。

 

 

 

be2

 

中仕切りの板は、下部の丸印のあたりを指で押すと底板中央の溝をゆるくカタカタと移動できます。

辞書に隣接すると不思議と倒れるのを防いでくれます。

 

 

be3

 

T君、Y君、高校入学おめでとう。

 

 

 

「辞書立て」

40w x 13d x 17h cm

ブラックウォールナット

オイルフィニッシュ

 

 

いま、ウイルスによる未曾有の恐れが世界を覆ってこれからが全く見えませんが、根拠のない元気を出して私にできることをしながらこつこつ仕事したいと思っています。

 

 

at 09:42, 斉藤 衛, recent work

-, -, -

スツールを作る。

st802

 

久々にスツールの制作。

 

具体的な作業が、抽象的に物事を悩んでしまいがちな自分を現実に引き戻します。

 

 

「スツール 802」

36w x 31d x 55h cm

ブラックウォールナット、ナラ

オイルフィニッシュ

 

at 09:43, 斉藤 衛, -

-, -, -

ハイバックチェアー

hc1

 

 

 

かなり以前に個展で購入してくださったOさんからハイバックチェアーの修理と座の張替えを頼まれました。

 

ブラックウォールナットはなんとも言えない良い色調になっていて、ガタついていたところを接合し直して再度オイル仕上げを施しました。

 

座はへたっていたので内部を交換したり張り直しました。座の表生地のタッサーシルクにOさんは強い愛着があるのでぜひ裏返しても使いたいというご希望でしたので張り直すと、色落ちは少なく強度も残り、まだ使えることがわかりました。

それにしてもこのタッサーシルクのヘリンボーンの布(真木テキスタイルスタジオの作品)の強靭さは驚きです。

 

気に入ってもらい、なんと24年間も愛用していただいたハイバックチェアーなのでした。

 

 

 

 

 

hc2

 

 

「ハイバックチェアー 796」

41w x 44d x 93h (42sh) cm

ブラックウォールナット、メープル、タッサーシルク

オイルフィニッシュ

 

 

at 06:06, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

小さなデスク

sd5

 

 

広島のMさんに小さなデスクをお届けしました。

 

部屋の片隅に置いて場所を取らない小さなデスクで、私には発想できないユニークなサイズです。

 

少し深めな引き出しがご要望でした。

 

以前作らせていただいた小家具たちと素材やデザインが近いので調和してくれそうです。活躍してほしいと願っています。

 

 

 

 

 

sd4

 

 

sd3

 

 

 

 

「小さなデスク 220」

50w x 37d x 72h cm

ナラ、メープル(引き出し内部)、ブラックウォールナット(つまみ)

オイルフィニッシュ

 

 

at 09:53, 斉藤 衛, recent work

-, -, -

寒さの中で

sui

 

 

昨秋、掘り上げた球根を場所を変え、まとめて植えておいたのですが、この花の乏しい時期、たくさん咲いてくれました。

 

元気が出ます。

 

 

at 18:52, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

朝の工房で

mo2

 

 

 

 

 

at 08:46, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -