再訪

f1

 

 

f2

 

 

浜松市の天竜区にある秋野不矩美術館を久々に訪ね、開催されている「藤森照信展」を観に行きました。

 

美術館そのものも藤森氏の作品で、時間が経ってもいよいよいい感じになっていました。

 

 

日本には年月を経て良くなっていく公共建築が少ないように思います。この美術館の良さは建築家が形象ばかりではなく、素材に密着

 

した仕事をしているからだと思います。

 

 

晩夏の青空と真っ白な雲がきれいでした。

 

 

 

at 05:53, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

8月のおわり

ag

 

 

連日の猛暑の中で、子や孫の一週間の帰省や、甥や姪の家族との墓参りと小旅行、「家政夫」としての家事に追われて(大量の洗濯の

 

日々)、気がつくともう月末です。

 

 

また工房に戻り、リズムを作ろうとしていますがなかなかうまくいかないので、工房の書類や本の断捨離をしています。

 

 

でも一番の特効薬は、友人との会話と美しいものを見ることですね。

 

 

 

at 09:12, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

やっと涼しい朝

ys

 

 

 

at 08:36, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

削る。

h1

 

 

酷暑の夏の日、Hさんの座卓の一枚板のナラの厚い天板を13年ぶりに里帰りさせ、軽快なテーブルに変身させるためにあえて削込

 

みました。

 

 

h2

 

 

at 08:46, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

応援

oz3

 

 

 

 

逆走台風が通過したあとの日曜日、若い友人の家具工房移転に、ペンキ塗りの応援に行ってきました。

 

こうして、エッジの効いた作品を生み出している新興の工房と、40年になろうとする、収束が視野に入ってきた工房が交差します。

 

この仕事は経済的にはたいへんだけれど、数値では表せないこころゆたかさに敏感であり続けたいです。

 

 

 

at 08:49, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

オプティマス123R

sw1

 

 

あまりの酷暑になんだかご近所も静かな日曜日の午前中、連日の災害報道にせかされるように思い立って非常用コンテナのなかの備蓄

 

食料のチェックをしていたら、二十歳代のころから愛用していた登山用のガソリンストーブが出てきました。

 

 

若い頃、ひとりでときどき大井川の支流の沢へ行き、このストーブで清流の水を沸かし、コーヒーやレトルトを温める時間が、自分に

 

とってなにかとても貴重で楽しかったことを、ひさびさに思い出しました。

 

 

一応、フライフィッシングでアマゴを狙うのですが下手でめったに釣れませんでしたが、このストーブの時間があれば大満足でした。

 

 

また自然の中でぼおーっとしに行きたくなりました。

 

 

 

at 11:16, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

暑さの中で

ks1

 

 

酷暑の毎日が続いています。その中で自然は黙って変化をしています。

 

私もできることをしていこうと思います。

 

 

ks2

 

 

 

at 08:59, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

修理

ch1

 

小さな黒檀のチギリを作る工夫を模索しました。

 

 

ch3

 

 

こんな風に割れの補強に使います。

 

 

 

 

at 10:33, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

梅雨

tu1

 

 

 

at 16:22, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -