猛暑の日曜日の夕方

sun2

 

工房裏に出現した現場事務所から「し〜〜ん」という音が聴こえてきた気がしました。

 

 

 

sun1

 

光に呼ばれた気がしました。

 

 

 

at 18:06, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

経本台

 

bs11

 

 

これは読経のための台です。

 

山口のTさんは毎日読経なさっているのですが、経本を手で支えるしんどさや視力のために経本台を熱望されていたのでした。

 

素材は、感触の優しいブラックチェリー(北米産の桜。時間とともに色が濃くなります。)にしました。

 

 

 

Tさんのアイデア・スケッチをもとに手探りで製作しましたが、お届け後、とても重宝しているとお電話をいただきほっとしまし

 

た。


 

 

 

bs2

 

 

経本置きは経本の厚さに、下部がスライドして対応します。ページ押さえの細棒はスプリングで任意の角度に止まります。

 

 

<経本台 719>

(経本置き)18w x 10~12d x 24h cm

(ポスト) 25w x 20d x 50h cm

ブラックチェリー

オイル仕上げ

 

 

 

at 08:34, 斉藤 衛, recent work

-, -, -

短歌

t1

 

 

 

このごろ、なぜか短歌にひかれるようになりました。自分でも作ってもみているのですが、うまくできません。

 

著名な歌人ではなく市井の人の日常を歌った平易なものが好きで、とても沁みます。

 

 

他方で、つぎつぎと現れてきた若い人たちの短歌が素晴らしいことにも気がつき、私の中で短歌のイメージが変わりました。

 

「寝た者から順に明日を配るから各自わくわくしておくように」(佐伯 紺)

 

 

 

 

at 09:36, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

出会う言葉

j1

 

 

 

家具をこつこつと作る地味な日々の中で、新聞のコラムや本などで「言葉」に出会い、ハッとさせられ思わずメモを取ることがあります。そしてしばらくの間、考えさせられます。

 

 

「信頼といえば、過剰に行間を読む行為も信頼と自信の欠如ではないかと思う。、、、、、、。自由な精神の基底には他者への信頼があるだろう。優しさは波のように人から人へと移っていく。それと同様、人を受け入れ、信頼する心も伝播していくに違いない。」(河合香織)

 

 

「私たちは自分を支えるものの脆弱さを知りながら自分を支えようとするのです。そこで人間は成熟するのです。」(鴻上尚史)

 

 

 

at 05:39, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

ソファーテーブル

st1

 

 

東京のFさんから、ソファーとテレビの間に置くテーブルをとご相談があり、ご希望の天板の面積やテーブルの高さをお聴きして、デザ

 

イン、製作しました。

 

当初、考えていなかった天板下の棚は、新聞やTVのコントローラーを置いておくに便利そうなので付け加えました。

 

 

st2

 

 

 

Nさんのお宅には四月に 

 

ロースツール1199 ls00

 

をお届けしています。二つの家具の素材は共通しているので、雰囲気も響きあってインテリアが楽しくなるといいなあ〜と期待してい

 

るのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「ソファーテーブル 619」

75w x 25d x 35h cm

ブラックウォールナット、ナラ

オイルフィニッシュ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

at 05:43, 斉藤 衛, recent work

-, -, -

梅雨

t1

 

t2

 

 

 

at 05:30, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

クルミのキャビネット

kc1

 

 

クルミのキャビネットを染織り作家のNさんにお届けしました。

 

ストイックなこのキャビネットに使った東北産のクルミはもう20年以上工房で乾かしたもので、すべてを一本の樹からとったもので

 

す。中の可動棚にはA4などのファイルが収まる予定です。

 

台輪だけナラにしたので、時間の経過とともにクルミとの色合いの違いが出てくると思います。

 

 

 

実は6年前にNさんに作らせていただいた二つのキャビネット(下記):

 

 

kc00

 

 

と同じ高さに設計してあり、3台を壁に沿って並べてお使いになるとのことで、とてもいい雰囲気になりそうです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「クルミのキャビネット519」

58w x 30d x 90h cm

クルミ、ナラ(台輪)、メープル(引出し)、黒檀(つまみ)

オイルフィニッシュ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

at 10:11, 斉藤 衛, recent work

-, -, -

横浜の港で

y2

 

 

このところ、私としては珍しく遠出が続きます。

 

春らしい一日、会食の前に去年同様横浜港周辺を歩きましたが、古い建築が多く残されていていつもそのディテイルにとても引きつ

 

けられます。

 

もうこのような時代の精神的雰囲気は二度とないのでは、と思ってしまいます。

 

 

 

y3

 

 

 

何十年も続いている年一回の10人余りの友人達との会食は、おのおのの人生の厚みのなかで悲喜こもごもでした。

 

静岡への帰路、いろいろと友人達の話が回想されました。

 

 

y1

 

 

at 09:41, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

小旅行

g1

ハラ ミュージアム アーク

 

 

 

連休はじめに群馬に行きました。

 

独り身の私の長い連休を案じて息子とともに友人夫妻が呼んでくれたのです。

 

訪れた場所もよかったけれど、なにより永い友情と奥さんの手料理がこころにしみました。

 

 

 

g2

 

 

 

at 17:19, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

庭の春

n1

 

 

墓参や法事、所用に気を取られているうちに、気がつくと小さな庭には春が来ていました。

 

家具作りの毎日だけれど、こういう変化を感じる生活をもっと大切にせねば、と反省しきり。

 

 

n2

 

n3

 

n4

 

 

at 08:29, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -