お知らせ

 

12/8(土)〜12/12(水)、休業いたします。お問い合わせのご返事は12/13(木)以降となります。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

at 08:15, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

一瞬

ms6

 

 

仕事していて、ふとおもしろい偶然のかたちが現れることがたまにあります。

 

製作途中の譜面台の並んだかたちがなんだか樹々の林立する森のように感じました。

 

 

 

at 08:16, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

初冬

n1

 

11月も終わろうとしている中、まださむくならないので戸惑っているような水仙が咲き始めました。

 

 

 

n2

 

ツツジの赤が鮮やかです。

 

 

 

n3

 

何歳になってもいろいろ問題を抱え悩みは尽きませんが、自然の素材たちから、それでも行動するように促されている気がします。

 

 

at 08:57, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

2Fに薪ストーブ

ws1

 

 

二階の住居の灯油ストーブをやめて工房のものより少し小型の薪ストーブを設置しました。

 

一階の工房の薪ストーブの煙突は2階の床を突き抜けてから天井近くで外に出ています。煙突の長さを調整してシンプルに二階の薪スト

ーブの排煙を合流させました。

 

今年はいただいたり工房の材料棚を整理した時に出たたくさんの薪が家のまわりに積み上げ溜まっていることや、灯油代を節約したいこともありましたが、なにより寒い冬の夜、料理をしたりコーヒーを湧かしたりする時間を楽しみたいと思ったのです。

 

前にも書いたのですが、薪ストーブがあると焚いていないとき中に雑紙やティッシュや、これまでシュッレダーにかけていた個人情報の郵便物などがゴミ箱のように放り込まれ、寒くなった夜、焚き付けになり家中から紙ゴミがぐっと減ります。

 

今年の夏の35度を越える日々のような、かってない厳しい気象がこれからは冬にもあるような気がするのです。つましい暮らしの私はあまり灯油を買わずに自衛せねば、と思っているのです。

 

それにしても薪ストーブ代 ¥7,390(薪ストーブ¥4,530 + ガラス付替え扉¥1,480 + 耐熱艶消し黒塗料スプレー¥1,380)は、有り難いです。何十万円もする高価な北欧製の薪ストーブはあこがれますが石のように重く、比較的温かい静岡では春から秋にかけて片付けられるこの軽い薪ストーブが狭い我が家にはかえって重宝します。

 

今年の冬は鍋の回数が増えそうです。

 

 

 

 

at 21:09, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

ナラ材

n1

 

 

n2

 

 

在庫がこころもとなくなってきたナラ材を購入のため、製材所に行きました。(私はまだ仕事する気でいるのです。)

 

懐具合から丸太一本だけですが、購入しました。

 

 

ナラの高値安定は私のような貧乏工房にはつらいところですが、工房に運び込まれた直径40cm、長さ4m の材を見て、この樹がシベ

 

リア(多分)の森の中でスクッと立っている姿を想像するとなんだか厳粛な気持ちになり、私のようなものがこの命をもらっていい

 

のだろうかと思い、いいものを作らねば、と思ったのでした。

 

 

 

at 08:37, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

水仙

da

 

 

掘り上げていた水仙の球根を半月前に植えました。ちゃんと出てきてくれました。

 

寒くなり他の植物たちが枯れる季節に、きれいな花を咲かせてくれる水仙、ありがたいです。

 

 

 

 

at 09:03, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

ささいなこと。

k1

 

 

最近始めたことが二つあります。アイロン掛けとミシン作業。

 

 

シャツやハンカチをアイロン掛けするのがなんだか楽しくなってきて面倒とは思わなくなってきました。心が落ち着く、というのか、、、。

 

以前、家具を拭き漆で仕上げていた時期があったのですが、作業スペースの埃を払い正座して漆を塗るとき気持ちが落ち着いたことを

おもいだしました。

 

 

 

ミシンは夏帰省した娘が卓上ミシンを使って小物を縫っていたのを見てやろうと思いました。子供の頃、母の足踏みミシンで遊んでいてやりかたはだいたい覚えていました。

 

さっそくくたびれたタオルを雑巾にし、小窓の安全ピンで仮に止めてあった大きすぎるカーテンをちょうどよいおおきさに縫い直しました。

 

 

ささいなことですが木工作業の日々のなかで、これらは生活に少しだけふくらみをくれる気がしています。

 

 

 

k2

 

 

 

at 08:52, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

お知らせ

 

 

10/13(土)〜 10/19(金)工房を休業いたします。お問い合わせのお返事は10/20(土)以降となりますのでご了承ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

maki

(冬の暖房にありがたい応援。)

 

 

 

at 05:59, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

ネックライト

n1

 

 

未明のウォーキングが習慣になっているのですが、息子に勧められたこのネックライトはあまりの使いやすさに必須となりました。

 

足下の少し先を適度に照らし、とても軽く、首にかけるので両手が自由になり急な雨で用心して持ってきた傘を開くときも邪魔になり

 

ません。

 

 

こんなライトは、10年前には出てこなかったと思います。消費電力の少なく小型で明るいLEDの発明と普及そして低価格化、性能の

 

向上したボタン電池(私の場合一ヶ月くらい保ちました。)、、、。

 

 

 

今朝も、よくすれ違い挨拶を交わす常連の男性や小型犬の散歩のおばあちゃんもこのネックライトをしていたので、「あっ、ブレイク

 

している!」(笑)と思いました。

 

 

 

at 08:26, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

イノシシ

in1

 

 

 

工房のある集落は、新東名のICもあり、国道一号線バイパスまで2kmの、小山の間に住宅が点在するような比較的交通の便の良いところなのですが、先日、祭り準備の後の慰労会ではイノシシの話題がたくさんでました。

 

自宅の前を猪の親子が通った。

家庭菜園が根こそぎ掘り返された。、、、。

 

こんなところにも環境の異変がおきていると思いました。

 

 

at 11:52, 斉藤 衛, -

-, -, -