秋 点景

a1

 

4年に一度の藤枝の大祭をちょこっと拝見。

 

 

 

 

a2

 

8年ごと、故障する集塵機の修理。

 

 

 

a3

 

豊田市美術館を久しぶりに再訪。谷口吉生の時間に耐える建築デザインにあらためて驚き。

 

 

 

 

a4

 

とても恐かった台風19号。

 

 

 

a5

 

庭の芙蓉の花になぐさめられました。

 

 

 

 

 

at 05:48, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

酷暑の後の庭で

se1

 

 

se2

 

 

 

 

at 15:44, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

9月の工房

 

 

 

 

dc11

 

 

日中に残る厳しい残暑となんとか折り合いをつけながら、ダイニングチェアーを製作する9月のある日。

 

 

 

at 06:04, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

暑かったお盆。

ob2

 

 

 

ob1

 

 

 

at 10:57, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

猛暑の日曜日の夕方

sun2

 

工房裏に出現した現場事務所から「し〜〜ん」という音が聴こえてきた気がしました。

 

 

 

sun1

 

光に呼ばれた気がしました。

 

 

 

at 18:06, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

短歌

t1

 

 

 

このごろ、なぜか短歌にひかれるようになりました。自分でも作ってもみているのですが、うまくできません。

 

著名な歌人ではなく市井の人の日常を歌った平易なものが好きで、とても沁みます。

 

 

他方で、つぎつぎと現れてきた若い人たちの短歌が素晴らしいことにも気がつき、私の中で短歌のイメージが変わりました。

 

「寝た者から順に明日を配るから各自わくわくしておくように」(佐伯 紺)

 

 

 

 

at 09:36, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

出会う言葉

j1

 

 

 

家具をこつこつと作る地味な日々の中で、新聞のコラムや本などで「言葉」に出会い、ハッとさせられ思わずメモを取ることがあります。そしてしばらくの間、考えさせられます。

 

 

「信頼といえば、過剰に行間を読む行為も信頼と自信の欠如ではないかと思う。、、、、、、。自由な精神の基底には他者への信頼があるだろう。優しさは波のように人から人へと移っていく。それと同様、人を受け入れ、信頼する心も伝播していくに違いない。」(河合香織)

 

 

「私たちは自分を支えるものの脆弱さを知りながら自分を支えようとするのです。そこで人間は成熟するのです。」(鴻上尚史)

 

 

 

at 05:39, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

梅雨

t1

 

t2

 

 

 

at 05:30, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

横浜の港で

y2

 

 

このところ、私としては珍しく遠出が続きます。

 

春らしい一日、会食の前に去年同様横浜港周辺を歩きましたが、古い建築が多く残されていていつもそのディテイルにとても引きつ

 

けられます。

 

もうこのような時代の精神的雰囲気は二度とないのでは、と思ってしまいます。

 

 

 

y3

 

 

 

何十年も続いている年一回の10人余りの友人達との会食は、おのおのの人生の厚みのなかで悲喜こもごもでした。

 

静岡への帰路、いろいろと友人達の話が回想されました。

 

 

y1

 

 

at 09:41, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -

小旅行

g1

ハラ ミュージアム アーク

 

 

 

連休はじめに群馬に行きました。

 

独り身の私の長い連休を案じて息子とともに友人夫妻が呼んでくれたのです。

 

訪れた場所もよかったけれど、なにより永い友情と奥さんの手料理がこころにしみました。

 

 

 

g2

 

 

 

at 17:19, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -