<< 暑さの中で | main | 応援 >>

オプティマス123R

sw1

 

 

あまりの酷暑になんだかご近所も静かな日曜日の午前中、連日の災害報道にせかされるように思い立って非常用コンテナのなかの備蓄

 

食料のチェックをしていたら、二十歳代のころから愛用していた登山用のガソリンストーブが出てきました。

 

 

若い頃、ひとりでときどき大井川の支流の沢へ行き、このストーブで清流の水を沸かし、コーヒーやレトルトを温める時間が、自分に

 

とってなにかとても貴重で楽しかったことを、ひさびさに思い出しました。

 

 

一応、フライフィッシングでアマゴを狙うのですが下手でめったに釣れませんでしたが、このストーブの時間があれば大満足でした。

 

 

また自然の中でぼおーっとしに行きたくなりました。

 

 

 

at 11:16, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -