<< 書見台 | main | きょうちくとうの花 >>

換気扇の工事

fan3

 

fan2

 

 

工房の二階が住居なのですが、四畳半の部屋の換気扇の、音ばかり大きくて排気の少ない直径15cmの古い換気扇を、25cmのものに変える交換の工事をしました。

 

近年の酷暑の夏の夜に、室内上部の蒸し暑い空気を強制排気して網戸の窓から涼しい外気をとりこみ、少しでもなんとか快適にと思っていたのです。クーラーはお金がかかり、体がだるくなるので好きではありません。

 

 

ただ、換気扇の取り付け場所が高所で、換気扇の木枠と外側のステンレスのフードを建物の外から取り付けるのに、長い梯子は危険だし、単管パイプで足場を組み立てるのは大仰だし、、と長い間、取り掛かることをためらっていたのです。

 

ところが先日、昼寝の時にアイデアが降りてきました。

 

換気扇用の開口を通して中からロープを外に垂らしフードを取り付けた木枠を引き上げ、開口に引き込むというものでした。

 

すぐに新しい換気扇の木枠をはめ込む壁の開口を広げました。

 

取り付け作業中しっかり木枠を内部に引き込むため、木枠内側に二つの仮止めした取手もつけることも思いついて、テストするとうまくいきました。

 

本番では木枠の襟と建物の間にシリコンのコーキングをたっぷりつけて無事工事が終わりました。

 

 

fan1

 

fan4

 

早速テストすると、四畳半の部屋の空気が素早く入れ替わったようです。

 

私の本業の家具では乏しいアイデアが、雑事では時々生まれるのは不思議です。

 

 

この換気扇の恩恵を受ける今年の夏は、コロナで社会全体がどんな風になっていることか、予測もつきません。

 

 

 

at 10:07, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -