<< 猛暑の日 | main | 残暑の日 >>

夏の日々

s1

 

先日、入道雲を見て、やあ〜久しぶり! と言ってしまいそうでした。

 

 

葉月8月も、はや下旬。厳しい天候のせいか、コロナ禍のせいか、時間の流れ方が早すぎる! と思う毎日です。それでも夜間少し涼しくなり睡眠が深くなってありがたいです。

 

世界中、未知の社会状況の中であまりにあふれる情報や論者の記事に、気をつけて絞って接しなければ、と思うようになりました。

それでも、木を見てなおかつ、ちゃんと森も見ている少数の専門家の存在を知ると、この混迷の中、少しほっとします。

 

 

 

s2

 

精確さが大切な仕事が、ときに猛暑の中で崩れそうな気分を引き締めてくれます。

 

 

 

s3

 

庭をすこし掃いて枯れ葉を掃除したり、崩れかかった石積みを直したり、夕方、水やりをしたり、ちょっとした土の上での作業がとても気分転換になることに今さらながら驚きます。

 

自然なものが持つ特殊能力かな。

 

 

 

at 14:16, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

-, -, -