貫禄

oc2

 

25年くらい前に作った我が家のキャビネット。ナラがいい感じに。

 

 

 

at 17:28, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

回転体

tn1

 

 

 

旋盤加工をするたびに、面白いなあ〜、と思うことがあります。

 

わずか0.2mmくらいの誤差が眼でわかるのです。

 

たとえば直径12mmの円柱を削るとき、

 

「ちょい太いな。」と思って計ると12.2mm。「しまった。すこし細すぎた。」と思って計ると11.8mm。

 

たった0.2mmを眼が感じる:回転体の不思議です、私には。(そんなことを不思議に思うのは私だけかな。フツーだったりして、、。)

 

(ナラやメープルなど硬い広葉樹の家具の木工では0.2mmの誤差の木組みは、ゆるゆる か きつすぎ で だめなのです。)

 

 

ちなみに他の平面の板削りのような加工では0.2mmの起伏は眼ではわからないので、手でなぞって感知します。(人間の手の触覚の素晴らしさ!)

 

鉋などでそれを修正すると一見変わらないようにみえても”雰囲気”がぴりっと締まります。それをなんとなく眼が感じる。これも私には不思議です。

 

 

 

at 08:41, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

ことば

 

st1

 

 

 

最近、印象に残った言葉:

 

「誰もが生きる歓びを感じたがっている、誰もがそれを探し求めている、今はそんな時代なのではないかと思った。」(谷川俊太郎)

 

 

 

 

st2

 

 

 

at 08:09, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

年月

 

tk2

 

 

若い頃、同じ造船所の設計部の同僚で家族ぐるみの付き合いをしていた友人夫妻が、はるばる千葉から昨年逝った妻の焼香に来てくれました。彼も私と同じように途中退社後、様々な仕事を経てフリーランス的に生きてきたので25年ぶりの話は4時間経ってもつきません。

 

若い頃から困難な中でもいつも冷静でユーモアを忘れない彼から今回もしずかな勇気をもらった気がします。

 

彼は社会福祉士として今も忙しく日帰りの彼と奥さんを暗くなった静岡駅まで送った後も、語り合ったことの余韻がいつまでも残りました。

 

 

 

at 09:08, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

ホワイトアッシュ

st1

 

 

 

at 09:19, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

みかんジュース

m1m

 

 

近所の農家の方から規格外のみかんを大量にいただきました。ミキサーにかけざっと濾してパック小分けで冷凍保存。

とうぶんの間、毎朝新鮮なみかんジュースがいただけます。

 

いくつか輪切りにして庭に置くと、しばらくしてもう鳥の鳴き声。お裾分け。

 

地方に住む余録かな。

 

 

 

 

at 09:22, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

2017年1月1日

 

n1

 

こころゆたかな一年となりますように。

 

 

 

at 00:01, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

前へ。

n1

 

よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

at 15:27, 斉藤 衛, -

comments(0), trackbacks(0), -

小澤一也君の個展

oz4

oz6

 

 

 

 

若い友人の個展を観に富士宮市まで行ってきました。

 

最近の世のなかのあわただしさの中にあって、木工に限らず、魂を込めた仕事を観ることができるのはまれです。

 

うれしくなりました。

 

 

 

oz3

 

oz2

 

oz1

 

 

 

 

 

 

at 09:11, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -