ベッドサイドキャビネット

bsc1

 

 

Mさんにベッドサイドキャビネットをお届けしました。

 

このキャビネットは3年前に作らせていただいたベッドサイドテーブル(下記画像):

 

bsc6

 

と対になって高めのベッドの側に置かれます。ですので高さ、巾が同じに設計されています。

 

 

 

 

bsc2

 

引出しの巾は34cm、深さは5cmです。内部には2枚の可動だなが3cm間隔で上下できます。

 

 

 

bsc3

 

bsc4

 

bsc5

 

このキャビネットがMさんの生活にとけ込んでくれると嬉しいです。

 

 

「ベッドサイドキャビネット 318」

500w x 350d x 900h mm

ナラ、メープル、ブラックウォールナット(つまみ)

オイルフィニッシュ

 

 

at 08:56, 斉藤 衛, recent work

comments(0), trackbacks(0), -

桃の節句

d1

 

 

忘れていてあわてて、一年に一度くらいは人形達を空気にあてなくては、と飾りました。

 

一人暮らしが和らぎます。

 

 

 

at 14:46, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

剪定

k2

 

 

 

寒さが厳しかったので遅れていた庭のケヤキの剪定を、毎日夕方、十日かけてやりました。

 

プロに依頼しようかとも思ったのですが、節約したく、自分で少しづつやってみることにしたのです。

 

直径47cmのケヤキは枝も太く高く、最初は高所作業にドキドキでしたが、次第に慣れ、もらったノコギリが使いやすく切れ味も素晴

 

らしかったことにも助けられ、終わってみると予期しなかったことですが関節や普段使われない筋肉が少し鍛えられていました。

 

来年の冬の薪ストーブの燃料も充分確保できてうれしいです。

 

 

ケヤキに触れて感謝しました。

 

 

 

at 17:03, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

下ごしらえ

r1

 

 

家具作りは下ごしらえの大切さが、料理に似ていると思いました。

 

コツコツ、ていねいに。クライアントに喜んでいただけるのを楽しみに。

 

 

 

 

at 18:15, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

低温

ka

 

 

最近、気温をよくチェックします。今朝の我が家の庭は氷点下2.5度。着込んで仕事です。

 

光りは春なのに。

 

 

 

 

at 14:04, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

野菜

f1

 

 

ときどき友人が自分で育てている野菜をお裾分けに持ってきてくれます。初めて植えたと京菜をもらったのですが、鍋に入れていただ

 

いたら美味しかったです。

 

友情もはいっているからでしょうか。

 

 

 

 

 

at 09:50, 斉藤 衛, -

comments(0), trackbacks(0), -

寒波

s1

 

 

ごちゃごちゃと悩むより作業、が私のだいじな合い言葉です。

 

それにしてもこの寒気!

 

 

 

 

at 09:37, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

エンドウ豆

p10

 

 

 

初冬に撒いたエンドウ豆が出てきてくれたので、ネットを張りました。

 

いつもいつも植物はすごいな、と思います。

 

 

 

at 15:07, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

担保

suisenn

 

 

 

若い友人夫婦が家具工房の移転や経営の相談にきたとき、自分が30年余り金融公庫から切れ目なく「借り入れ・返済」を繰り返して、古くなったバンの買い替え、中古機械の購入、材料の仕入れ、子供達の高校・大学進学などを薄氷を踏むようにかろうじて乗り切ってきた話をしました。

 

話をしていてひとつの情景を思い出しました。

 

ある年の年末、融資の申し込みで持参した自分の大赤字の確定申告のコピーを恥じながら手にして待っていたとき、衝立て一枚のとなりのブースで個人商店主らしいおじさんが年越し資金(なんだか古いですね)の相談をしているようで、漏れてくるやり取りから何となくかなり良くない経営状況らしく、「なんだ、オレだけじゃないじゃん。」と、自尊心と現実とにもみくちゃになっていた若い頃の私は妙に安堵したことがあります。

 

後から考えれば、一方で事業拡大の目的の人もいただろうけれど、個人事業主でも経営状態が安定している人や、借金の当てがある人は、あの場所にはいないはずでした。

 

いま振り返ると、借り入れに際して若い頃の私の「自分の工房から美しい家具を世に出したい」という情熱こそが、本当の担保だったように思います。

 

当時の担当者の方がどう思ったかはわかりませんが、、、。

 

 

 

at 11:51, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -

2018年1月1日

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

最近、痛切に感じるのは世代によって直面し抱えている問題があまりに全く異なり、位相が違いすぎて互いに想像しあうことが簡単で

 

はなくなっている、という現実です。(というか、自分の感覚がづれているのだな、と痛感させられることがたびたびなのです。づれ

 

ていていいのですが、そのことを自覚していたいです。)

 

 

私の場合は、老い(だれしも初めての体験!)の現実の中、人生の仕舞いかたと残された時間に誰のためにどんな仕事できるのか、と

 

いうことに関心があります。

 

 

 

あなたにとってよい一年でありますように。

 

 

at 06:55, 斉藤 衛, 工房生活の周辺

comments(0), trackbacks(0), -